僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)第1回キャラクター人気投票結果まとめ!雄英高校1-Aに驚愕の事実が…!

 

ヒロアカ 第1回キャラクター人気投票結果

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)第1回キャラクター人気投票の結果です。(僕のヒーローアカデミア7巻に記載)

期間:2015/7/27~2015/8/10 ~VSステイン戦辺りまで

第1回キャラクター人気投票
順位 名前 票数 順位 名前 票数
1 緑谷出久 2314票 26 Mt.レディ 26票
2 轟焦凍 1987票 27 瀬呂範太 24票
3 爆豪勝己 1764票 28 エンデヴァー 19票
4 麗日お茶子 652票 29 ウワバミ 17票
5 オールマイト 627票 30 障子目蔵 16票
6 蛙吹梅雨 589票 31 青山優雅 14票
7 常闇踏陰 485票 32 根津(校長) 13票
8 飯田天哉 390票 33 緑谷 母 10票
9 相澤消太 378票   グラントリノ  
10 上鳴電気 224票 35 塩崎茨 9票
11 八百万百 197票 36 口田甲司 7票
12 心操人使 186票   鉄哲徹鐵  
13 拳藤一佳 170票   プレゼント・マイク  
14 尾白猿夫 148票   セメントス  
15 切島鋭児郎 119票   トイトイ(逢魔ヶ刻動物園)  
16 耳郎響香 107票 41 轟冬美 6票
17 堀越耕平(作者) 89票 42 13号 5票
18 峰田実 65票   轟 母  
19 死柄木弔 62票 44 三茶 4票
20 葉隠透 57票   泡瀬洋雪  
  発目明   46 円場硬成 3票
22 ステイン 48票   ベストジーニスト  
23 ミッドナイト 45票   シンリンカムイ  
24 芦戸三奈 36票   黒霧  
25 物間寧人 31票   脳無  

 

 

ヒロアカ 第1回キャラクター人気投票 勢力図

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)キャラクター人気投票の上位50名の勢力図のようなものです。

 

雄英高校1-A:19名

最初の人気投票、まだヒロアカ序盤であることもあって、ほとんどのキャラクターがベスト50にランクイン。やはり描写の多さに比例しているような気はしますね!

緑谷出久・轟焦凍・爆豪勝己・麗日お茶子・蛙吹梅雨・飯田天哉・上鳴電気・八百万百・尾白猿夫・切島鋭児郎・耳郎響香・峰田実・葉隠透・芦戸三奈・瀬呂範太・障子目蔵・青山優雅・口田甲司

なんと砂藤力道だけ人気投票50位ランク外という結果に…!これはよくない!

どこで差が付いたのか? 

考えてみたんですが、分かりませんね~ 他のキャラクターも出番という出番は殆ど無かった気がしますし…強いてあげるなら雄英高校1-A単位の登場シーンの「救助訓練のヴィラン襲撃」「雄英体育祭」「ヒーローネーム考案回」とかでしょうね。砂藤次は頑張れ!

 

雄英高校1-B:6名

B組はまだまだ描写が少ないキャラクターなのに6名もランクインしました。やはり「雄英体育祭」でインパクトがあったキャラクターが人気のようです。拳藤に関しては殆ど描写なかったのにという感じなので、キャラデザが大きいのでしょうか。庄田二連撃とか入っても良かったと思いますけどね!

拳藤一佳・物間寧人・塩崎茨・鉄哲徹鐵・泡瀬洋雪・円場硬成

 

その他雄英高校生徒:2名

登場したキャラクターはしっかりランクイン。2人とも個性が合ってかなり印象に残りましたね。人気なのもうなずけます。

心操人使・発目明

 

プロヒーロー:13名

プロヒーローは女性キャラクターの上位ランクインが多かったですね。まだこの頃は男性の読者が多かったんですかね。しかし、この段階でのエンデヴァーってかなり悪い印象しかないんですけど、しっかり票数獲得していますね!やっぱり強いは正義なのか…

オールマイト・相澤消太・ミッドナイト・Mt.レディ・エンデヴァー・ウワバミ・根津(校長)・グラントリノ・プレゼントマイク・セメントス・13号・ベストジーニスト・シンリンカムイ

 

ヴィラン:4名

敵キャラクターでも死柄木とかステインが超魅力的ですもんね、ランクインは頷けます… 

死柄木弔・ステイン・黒霧・脳無

 

それ以外のヒロアカキャラクター:4名

いや~わかっている読者さん多いですね… 緑谷母の若いころとか轟母かなり美人ですもんね。。

緑谷母・轟冬美・轟母・三茶

三茶(さんさ)とは…

救助訓練のヴィラン襲撃後に登場した猫のおまわりさん。恐らく発言は「了解」のみ。それで4票も獲得しているのは強すぎる…!

 

ヒロアカ外のキャラクター:2名

序盤でキャラクター数が少ないこともあり、ヒロアカ人気投票ベスト50に登場していないキャラクターがランクイン。確かに堀越先生は強い!!

堀越耕平(作者)・トイトイ(逢魔ヶ刻動物園)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です