殺し屋の婚活がハードモードすぎる件。結婚詐欺師をアドバイザーに添えて「マリッジトキシン」【みるそんの漫画紹介 No.29】

 

みるそん、今日も漫画紹介していきます。

本日紹介するのはこちら

マリッジトキシン

 

QAでこの漫画の感想を喋っていきます(*´▽`*)

1.漫画の内容をちらっと教えて!
“毒”使い殺し屋の婚活物語

 

“毒”を扱う最強の殺し屋に立ちはだかった壁は跡継ぎ問題!?

殺し屋という「出会い」がほとんどない職で『結婚なんて出来るのか』と途方に暮れていた主人公・下呂。

 

唯一の兄妹である妹は大切な彼女がいたが、悩んだ結果

「毒使いの跡継ぎは私が生む」

という連絡を下呂にする。

「せっかく愛してやまないパートナーがいるのにそんなのはダメだ」と下呂が選んだ選択は結婚詐欺師である殺しのターゲットへの求婚。

 

だが、結婚詐欺師からの返答はもちろんNO!

「命握ってる相手に求婚するようなクソ野郎じゃ 誰とも釣り合わないって」

と言われる始末。

 

説教っぽく辛辣な言葉を痛いほど浴びせられた下呂であったが、

その言葉によって本当の自分の思いを認識した。

「俺だって…本当に好きな相手と出会ってフツーに仲良く楽しい人生送りてぇよ」

 

その下呂が導き出した答えは恋愛のプロである結婚詐欺師に自分の結婚を手伝ってほしいというものだった。

 

殺し屋という職業で出会える人とは一体?

そして、下呂は最愛の人を見つけることができるのか?

最強の殺し屋によるドタバタ婚活物語!

 

―――――ネタバレ注意―――――

 

2.この漫画の魅力は?
“毒”使い下呂のカッコよさとカッコ悪さ

毒使いって聞いて若干地味じゃね?と思っていた自分がいましたが、想像と全然違いました。

近接戦闘のシーンもバリバリありますし、毒で車をぶった切るシーンなんかもあります。豪快かつ爽快なバトルシーンはめっちゃ魅力的です。

 

一方で毒使いっぽい頭を使った方法での仕事もカッコいいです。

例えば、3か月かけて毒見役の食事に微量の毒を混ぜ、致死量でも死なないようにする。

その上で、毒見役の食事に毒を盛ってターゲットを狙うなど。

「はえ~なるほどな~」と思う場面も少なくありません。毒を巧みに操り様々な方法を駆使して仕事に取り組む彼はめっちゃカッコいい。

 

一方で”婚活”に焦点を当てると、現状カッコ悪いです。

今まで縁がなかったこともあり、女性と対面しているシーンは常にアワアワしています。

面白かったのは初手の婚活パーティでの第一声が「年収■千万」といったところですかね。

あれほど頼もしかった背中がこうも情けなく見えるなんて・・・

いい意味でカッコよさとカッコ悪さのメリハリがついているので、カッコいいときは惚れるし、カッコ悪い時でもそのギャップから応援したくなるそんなキャラです。

これが「ギャップ萌え」ってやつか~。

 

3.みるそんの感想タイム!
ここでは自由気ままにみるそんが感想を語ります。

 

とある場所では無双している人が、一方ではひよっこ。

結婚すべくよちよちと頑張る姿が見ててとても応援したくなる。

やっぱりちょっと隙がある人間の方が魅力的に見える説は正しいらしく、殺し屋ながら感情移入できる良いキャラクター。

 

絵の方もものすごく内容にマッチしていて、下呂のカッコよさとカッコ悪さをものすごく感じる。いい意味で。

カッコいいシーンを見るとさながらスーパーマンで、マジで惚れる!

まだ数は少ないですが、下呂の出会う女性、女性(仮)も可愛く魅力的なのもGOOD。

 

マイナスな点として戦う相手、ターゲットは今のところ微妙に感じるな~

下呂側に危うさをあまり感じず「もしかして俺強い?」状態になっているので、今は下呂のカッコよさで面白さを保てているなと感じる部分もある。

これからに期待!

 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。