マイペース怪談師による怖さの急転直下「瀬文麗歩のイイ奇聞」【みるそんの漫画紹介 No.9】

 

みるそん、今日も漫画紹介していきます。

本日紹介するのはこちら

瀬文麗歩のイイ奇聞

 

作品の漫画紹介は以下でした(*^^)v

 

怪談。それは幽霊・化け物を主題とした物語の総称。そんな怪談に魅せられたド天然男・瀬文は脱サラして怪談師・小代の元へと弟子入りする。だが、そんな瀬文が語る怪談はどこか“ズレて”いて…。一流の怪談師を目指して、今日も瀬文は(独特の観点から)ありとあらゆる心霊現象に立ち向かう――!! ボケ×心霊が織り成す、奇想天外ホラーコメディ開演――!!

 

「ちょっと最近驚くこと減ってきたなあ~」

歳を取るにつれて色んな経験をしてめっきり驚くことが減ってきたそこのあなた!

ぴったりの漫画がありますよ~

今日紹介する「瀬文麗歩のイイ奇聞」はホラー×コメディのハイブリット漫画です。

割合的に言うと9割コメディ、1割ホラーなのですが、ホラー部分がエグイ(`・ω・´)ゞ 

「こんなもんか^^」と高をくくっているあなたはきっと後悔する。

 

夜、眠れなくなります^^

 

それではみるそんの感想をベースにQAで「瀬文麗歩のイイ奇聞」の紹介をやっていきます!

 

Q1. 漫画の内容をちらっと教えて!

A. この漫画の中で実は一番怖い男の瀬文麗歩がいっぱしの怪談師になるために身をもって不思議な体験をしまくるホラーストーリー。

超常現象を全く信じていなかった瀬文麗歩はとある経験をした。

怪談BARで聞いた怪談のせいで「トイレに行くのが怖くなった」。

その影響で『怖いってスゴイ…♡』と怪談師に焦がれた瀬文麗歩は広告代理店を退社し、怪談師に弟子入り。怪談師の道に進むことに。。

基本的には短編のホラーな実体験を主人公が経験→BARで実際に怪談するのループで話が進められていく(`・ω・´)ゞ

 

Q2. この漫画の魅力は? Part1

A. 終止のおふざけ、からのホラー

この漫画のストロングポイントは終止のおふざけのレベルが異常に高い所ですw

主人公・瀬文麗歩、こいつを理解できる人はいません。

ひとりでボケて、ひとりで拾う一生自分のペースでいる人で、気にしたら負けみたいな人です。

どころがどっこい瀬文麗歩に気が散ったら、そこで筆者と読者の決着がつく訳です。

>>>>>>>我々の完敗<<<<<<<

気が散ったが束の間、圧巻のホラーが読者を刺してきます。 急に怖いってw

 

Q3. この漫画の魅力は? Part2 

A. 「怖い」の展開が流れがあって良き

無人公衆電話からプルプルプルプル・事故物件・霊体験ならぬ…○○だったりと各話色々な設定から展開されていきます。

その色々な設定の怖い話が瀬文麗歩の実体験によって緩和される。(彼のマイペースさで)

しかし、怪談にした時には緩和されたはずの怖さがぶり返される。

こんな感じで流れが出来ているので、どうしても癖になる。

「まーた、瀬文やってくれんだろうなあああああああ」って!

 

デメリットを言うと慣れてしまって怖くなくなってきてしまう側面はあるのですが、それもたまに裏切ってくれるので飽きません( `ー´)ノ

それに妙に伏線がうたれているような気がしてならないんですよね。続きが気になる感じ。

 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。