【Comic Diary No.3】ジェットコースター音楽漫画「四月は君の嘘」

今回は漫画「四月は君の嘘」を紹介していきたいと思います。

 

「四月は君の嘘」のあらすじ

 

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。
それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

かなり簡潔に言うと、

小さいころのトラウマでピアノの音が聞こえなくなり、ピアノから遠ざかっている主人公を、ヒロインが「もう一度ピアノを弾かせる」ために、いろいろと行動するお話です。

 

「四月は君の嘘」の登場人物

 

有馬 公正

何処か大人びているが、可愛らしいところもある。素直で謙虚。ピアニスト

幼いころから、母の影響でピアノをはじめた主人公で、数々のコンク-ルで賞を取っていた実力者。ただその正確無比なゆび捌きから「ヒューマンメトロノーム」と揶揄され、同年代から注目されるもあまりいい印象には取られてなかった。

しかし母親が亡くなってしまい、あることからピアノの演奏をやめてしまう。

 

宮園 かをり

「四月は君の嘘」のヒロイン。天真爛漫だが、弱いところをあまり誰かに見られたくないタイプ。ヴァイオリニスト

幼いころ、公正の演奏を聴き、憧れを持ち、音楽を始める。重い病気で命があまり長くないこと知り、動き出す。

 

澤部 椿

公正の幼馴染で、何事にも一生懸命だが、不器用。ソフトボール部

公正に恋心を寄せてはいるが、公正の鈍感さと幼馴染の関係性が邪魔してなかなか発展せず。公正にまたピアノを弾いてもらいたいとは思っているが、公正の苦しさを知っているが故、なかなか踏み出せない。

 

渡 亮太

公正の幼馴染で学校一の人気者で、女子人気も高い。サッカー部

公正の相談役で時々、思ってもいない言葉を放つ。以外と精神年齢はかなり高いと思う。

 

「四月は君の嘘」の魅力

 

ナレーションが心地よい

 

四月は君の嘘のナレーションシーンはかなり多い。言葉の数はそれほどだが、占める割合はHUNTER×HUNTERに並ぶほどだと思う。ナレーションが多いことの弊害は、漫画なのに説明くさくなることである。しかし「四月は君の嘘」は演奏シーンが多く描かれている漫画なので、説明といっても「演奏者の感情」の「説明」であるから、説明っぽさはあまりなく、むしろこんな感情で弾いているんだ!と難解なアーティストの感情を教えてくれている。それはとても話の流れの理解に役立っているし、心地よく読み進めていくことができる。

 

 

演奏シーンが見もの

 

漫画「四月は君の嘘」の魅力は何と言っても音楽シーン。

この漫画を読む前は「音楽系」の漫画って、なんか「退屈」な気がして遠ざけていたののですが、「四月は君の嘘」を読んで、まずは選り好みせず読んでみようと、考え方が変わりました。

「四月は君の嘘」の演奏シーンの特徴はまずセリフが少ないというところ。言葉は余計だというくらいに絵で見せてきます。自分が演奏する理由を回想的に振り返っていき、徐々にセリフが減っていきます。そしてクライマックスに絵だけになり、最高に感情的なページになります。

特に漫画の最終巻の11巻の公正の演奏シーンはまるで「音楽版スラムダンク」です。美しい絵だけのシーンが何ページも続いてみているだけで幸せな気分になります( `ー´)ノ

 

 

物語のテンポが良い

 

巻数が11巻でとても物語のテンポが良い。飽きることも一切ありませんし、間延びもほとんどなく、一度読み始めたら、止めることが出来ないくらい惹き込まれてしまいます。

かをりの影響で公正が変わっていく様も良い早さだ描かれていてますし、かをりが病気に蝕まれていく様子も絵、表情、口調なども駆使され、ジェットコースターみたいにクライマックスへ向けてどんどんと上がっていく展開は本当に魅力的です。

 

 

インフルエンサー・かをり

 

「四月は君の嘘」の主人公は公正ですが、中心にいるのは「かをり」です。かをりの生き方が公正を中心にいろいろな人にいろいろな形で影響していきます。それは漫画の世界にとどまらず、わたしにまで(笑)

一番生きたい時にそんな今を生きれないかをりを見ていると、わたしも彼女らみたいに一生懸命生きたいってなります。人と比べるなって良く世間では言われていますが、個人的にはこうやって漫画・映画などの世界を通していろいろな生き方を見て、自分と比べてみることは、時として自分を奮起させてくれるものだと思います。

兎にも角にも言いたいことは「四月は君の嘘」を読むと、良い感情になれる!ということです。

 

【中古】四月は君の嘘 <全11巻セット> / 新川直司(コミックセット)

価格:2,022円
(2019/2/25 01:06時点)
感想(4件)

 


 

あとがき

ジェットコースターのような音楽系の漫画「四月は君の嘘」について書いてきましたがいかがでしたでしょうか? 魅力的なキャラクター達・読みやすい巻数・演奏シーンのエモさなど、どこをとっても完成度が高くて、とても惹かれる漫画です。こういった漫画が好きな方はもちろん、好きなジャンルじゃないという方も楽しめる漫画であると自信をもって言えます。是非読んでみて下さい👍

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です