最高にロックな彼女はその顔でギターの道を反対する母親を説得した「六弦少女」【みるそんの漫画紹介 No.24】

 

みるそん、今日も漫画紹介していきます。

本日紹介するのはこちら

六弦少女

 

QAでこの漫画の感想を喋っていきます(*´▽`*)

Q1. 漫画の内容をちらっと教えて!

A. ひとりのロックスターの昔のお話。母親に反対されても曲げずに、ギターを続けた女の子。

 

ジャンルとしては青春?ドラマあたりでしょうか。

 

主人公はひとりの女子小学生で、その子がロックスターになる物語です。

 

ロックスターの卵に立ちはだかる親の壁。

母親が反対していた理由はその子の父親でした。

 

別れてすぐ妊娠が発覚し、ひとりで育てていくことを決意した母親。

ロックスターとしての道を駆け上がって行き、順風満帆な父親には何も言えないままその子を育てていました。

 

しかし、父親は自分の子を見捨てれず、ギターをこっそり教えることに…

 

血は争えないですね。

見事その子もギター少女に…!

 

しかし、母親からしたら我が子をギターに、父親に奪われた気持ちになりますよね。

もちろん、その道に進む事を反対します。

 

その少女は如何にして母親を説得するのでしょうか?

続きはこちらで確認してみてください!

六弦少女 – 若竹アビシ | 少年ジャンプ+ (shonenjumpplus.com)

お父さんは有名なロックギタリスト。

時々私の前に現れて、ギターを教えてくれる。

でもお母さんは、お父さんも、ギターも嫌い。それでも、憧れは止まらなかった。からかわれても、叱られても、これさえあれば。

 

―――――ネタバレ注意―――――

Q2. この漫画の魅力は? 

A. 躍動感

え、ここはライブ会場ですか?

 

もう一度聞きます。

私、絶賛家にいますが、自分の家ライブ会場になってしまったんですか?

 

と感じるくらいの迫力、躍動感を楽しめるのがこの読切です。

 

自身の顔・体を目一杯使って表現する彼女のギターはとても個性的で、思わず目を奪われてしまいます。

父親から教わったギターですが、ギターそのものに虜になっている様子はまるでギターも彼女の身体の一部だと感じさせるようでした。

 

幸せそうにギターを弾く彼女はキラッキラ輝いていました(*´▽`*)

 

 

Q3. みるそんの感想タイム!

A. ここでは自由気ままにみるそんが感想を語ります。

一見気弱なひとりの女の子がギターを持つと、一変するのはカッコ良すぎる。

しかもカッコいいのジャンルが泥臭くカッコいいのがたまんない!

 

小さいながらも粘り強く母親にギターで訴えかける様子は、やっぱりキラキラしていた。素敵だった。

 

そうして父親と同じくロックスターになった彼女の芸名?が父親と同じ苗字になったのも、細かい工夫を感じたなあ。

家族として吹っ切れて、この後「一緒に楽しく暮らしたのか」とかを考えると、幸せな気分になったね。

 

ジャンプ+のコメント欄でもあったけど、ページ数が69(ロックな)なのも、素敵だった。

じわじわくるアツさの漫画でした。

是非読んでほしい。

 

おしまい

⇩試し読み⇩

六弦少女 – 若竹アビシ | 少年ジャンプ+ (shonenjumpplus.com)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。