【ウィムジカルウォー】アナザーチャレンジ杯攻略。強い人はあのキャラをいれていた!?(2019/04/21)

またウィムジカルウォーに新しいアナザーチャレンジ杯がやってきたということで、攻略記事を書いていきたいと思います。。

 

今回のアナザーチャレンジ杯

今回のアナザーチャレンジ杯の盤面はこれ!

見たことあるような、ないような初期ジンチ。

大きな特徴でいうと、、、

  • 初期ジンチが少なすぎる!
  • 端っこがジントリできない!

の2点だと思います。このような特徴があるので、今回のイベントは攻めにくく、また攻められにくいという印象を受けました。

実際のバトルで言うと、攻め落とせたのはわずか7回(/25回)、攻め落とされたことに至ってはわずか1回でした!

 

上記のことを踏まえて、今回のウィムジカルウォー:アナザーチャレンジ杯のコツは、

基本的には、攻めず(マジックパワーが10になるまで待機)、かと言って攻め込ませず(自タワーを落とさせない)、相手がミスをするのを待つ!

もしミスしなかったら、最終的なジンチ勝負で塗り勝つ!

 

それでは、このコツ?と言っても抽象的ですが、それを踏まえて、そのキャラがこのアナザーチャレンジ杯で有効か見ていきたいと思います。

 

筆者の攻略デッキ

それでは、まず筆者が基本的に使用していたデッキを見てみてください!

対戦成績は20勝5敗ほどでした。勝率は8割程度ですね。ただ今のイベントの仕様では、勝っても負けても勝利報酬がほとんど変わらない(初回報酬を除く)ので、実際の勝率は少し下がるかもしれません。

それを踏まえて、だいたい7割5分程度なら悪くないかもしれませんが、このデッキにはしっくりきませんでした。ただこのデッキで有効だったキャラは何体かいるので、紹介したいと思います。

 

・エンス

今回のデッキで一番活躍してくれたのは、エンスだと感じました。基本的に攻め込まれにくい今回のイベント。攻め込まれたとしてもほとんどエンス1体で対処することが出来ました。またアグレ・ルメルと組み合わせたらほとんど事故なく相手の攻撃をやり過ごせるのでおすすめキャラの1体です。

 

・ジャスティ

今回のイベントのようなジンチに仕掛けがあるタイプのフィールドでは、よく活躍してくれるジェントル。終盤にジャスティを溜めるような感じで配置していけば、最後の最後でまくれることが多いので、かなり役立っているキャラです。

 

この2体は本当に使いやすいので、是非デッキに採用してみて下さい。

 

次に筆者が負けた相手に焦点を当てていきたいと思います!

 

負けた相手のデッキに共通して入っていたのはあのキャラ!?

筆者が今回使ったデッキについて話してきましたが、何度がコテンパンにやられてしまいました。そのやられた相手のデッキについて共通していたことは、下の2点です。

  1. デッキコストが2.9以下であるという点
  2. パンが入っている点

 

もちろんプレイが上手いこともありましたが、ほとんどのやられた相手に共通していたのが、この2点。

コストが低い上、体力があるパンの処理に手間取って、ずるずる負けてしまうパターンがかなり多かったです。またデッキコストが低いと、回転率がいいので、相手のペースになってしまうことが多いです。

 

個人的にはパンの扱いが苦手なので採用しませんでしたが、後ろにエンスやツーサオ、ボルドなどをおくと使いやすい印象です。実際戦ってみて、厄介に感じたので、ぜひ使ってみて下さい。

 

参考動画( `ー´)ノ

最後に参考になるか分かりませんが、動画をシェアしたいと思います。

 

其の一

https://twitter.com/RGNSKiHBfw1bJvb/status/1119560582833692672

この動画は自分でも自画自賛のボルド、エンスの使い方なので、そこは少し参考になるかもしれません。

 

其の二

https://twitter.com/RGNSKiHBfw1bJvb/status/1119561665257693184

この動画からのフィードバックはジャスティが倒された瞬間に相手をアグレで縛ると、良い感じでオクタがジンチ広げてくれるってところかな。

 

まとめ

 

ウィムジカルウォーのアナザーチャレンジ杯について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?個人的には久しぶりにがっつりアナザーチャレンジ杯したので、楽しかったです。にしてもウルトラのキャラが強かった(笑)あとおそらく2日程度あるので、少しでもこの記事が参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です