彼女を必要としたのは零細ベンチャー魔法少女会社だった…?「株式会社マジルミエ」【みるそんの漫画紹介 No.23】

 

みるそん、今日も漫画紹介していきます。

本日紹介するのはこちら

株式会社マジルミエ

 

作品の漫画紹介は以下でした(*^^)v

“魔法少女”――それは、誰もが憧れる「職業」である。

 就職活動に苦戦する女子大生・桜木カナ。面接先で怪異に巻き込まれたカナは、駆けつけた魔法少女・越谷を手助けしたことをきっかけに、ベンチャー企業『株式会社マジルミエ』に魔法少女として新卒入社することになり…!? 

お仕事×魔法少女アクション、スタート!!

 

「自分が必要とされる場所はどこか」

一瞬でその場所を見つけ出すラッキー属性の人もいれば、ピンと来ないまま今の場所にいる人もいるでしょう。

実際コミュニティーや会社なんて数えきれないほどあって、その膨大な中から自分の特性、特徴、性格にあった場所が見つかる可能性なんて宝くじで3億円当てるより難しいかもしれません。

その分、必要とされていると感じた時、凄まじいプラスの感情が流れるのかも。

今回紹介する漫画「株式会社マジルミエ」の主人公は就活に苦戦している中、あることがきっかけで彼女の特性、長所を存分に発揮できるベンチャー企業に入ります。

そして、そこは彼女を必要としている場所でした。

 

―――――ネタバレ注意―――――

 

Q1. 漫画の内容をちらっと教えて!

A. この世界は怪異退治業務を行う「魔法少女」という人気の職業がある。主人公・カナはあることがきっかけで新米魔法少女としてベンチャー企業に入ることに…

 

ジャンルはSF要素がある社会人モノって感じです。

個人的に社会人モノの漫画は押し付けだったり、くどさを感じる事が多々あるのですが、この漫画は魔法少女要素によってそこがいい塩梅に中和されている印象です!

 

登場人物も派手さは少なめなのですが、安心感があって魅力的なキャラクターが多く非常に読みやすい。

 

大元の設定である魔法少女とは何ぞやを説明すると、

突如発生する自然災害の一種「怪異」現象の沈静と救助活動が主な業務。

 

ストーリーは

怪異現象⇒カナと先輩の越谷が現場に出動し、自分の長所を生かして解決する⇒会社に戻って褒められる

って感じで進められていきます(*´▽`*)

 

Q2. この漫画の魅力は? 

A. 入り込みやすさ

個人の意見です!

魔法少女・社会人モノどっちも漫画として読む時に最初の一歩重たくないですか。

どこか人を選ぶ感じ…。

好きな人ならこのジャンルってだけで読む方もいるかもしれませんが、他のジャンルに比べて珍しい分なかなか手に取りづらい。。

 

そしてその2ジャンルを組み合わせたマジルミエですが、すっごい世界観に入り込みやすいです。

魔法少女の異質感社会人モノのリアルさが混じることによって何故か急に読みやすさが跳ね上がります。加えて、そこに全く違和感を感じさせないような描写や台詞回しが魅力です!

 

Q3. みるそん、この漫画何を伝えたいんだろうか?

A. 環境は大事~

う~ん、この漫画を読んでつくづく自分が身を置く環境の重要性を感じました。

自分にぴったりな場所を見つけるのはかなり難しいですけど、環境によって人はこれほど変わるのかっていうところがとてもリアルに描かれていました。

自分からの発信の量も全然変わるし、明るい表情も増えるし、パフォーマンスも向上するし良い事尽くし!(ここは現実の世界でも同じ気がします)

 

環境によって素の自分も見せながらも、成長・進化していくカナを見てるのはとても胸がアツくなります。

 

お し ま い

試し読み⇩

[第1話]株式会社マジルミエ – 岩田雪花/青木裕 | 少年ジャンプ+ (shonenjumpplus.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。