【ウィムジカルウォー】タッグチャレンジ杯攻略。おすすめキャラとコツについて話します!

お久しぶりです!少し用事が立て込んでいて、なかなか更新できませんでした( `ー´)ノ 今は少し落ち着いたので、また少しずつ投稿を増やしていけたらなと思っております。読んでくださっている方、こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします!

 

さて、今回はアプリ・ウィムジカルウォーの「タッグチャレンジ杯」について書いていこうと思います。

 

基本情報

 

期間

4月13日14:00から4月20日13:59まで

 

概要

タッグバトルを通してイベントポイントを獲得する。そのポイントに合わせた報酬が獲得できる。また個人、ギルトのランキングによってイベントメダルも獲得できる。

 

イベントルール

・タッグを組みダーポリーとジントリバトル。(タッグはトレーナー、全プレイヤ―、ギルドメンバーから選択)

・キャラクターレベルはプレイヤーそれぞれのレベルで、タワーレベルはタッグ内の高いほうのランクを採用

・特定のタイミングでツノマツ・ヒポタムが登場する。

2:30、1:30

・特効キャラクター

クラーオ・ヒポタム・パン

デッキに入れる ☞ ポイント10%UP

キャラ用装備持ち ☞ ポイント50%UP(1つ毎)、レベル2UP(1つ毎)

 

タッグチャレンジ杯攻略

 

おすすめキャラ

それでは攻略に入っていきたいと思います。おすすめキャラを語るために、相手キャラを挙げてそれに対して有効なキャラはコレ!という形で紹介していきます。

 

相手キャラ

タッグチャレンジ杯:20 ☞ Lv 14

タッグチャレンジ杯:23 ☞ Lv 17

・サフェード

最近空中対応になったサフェード。今回のイベントではサフェードがわらわら湧いてきます。処理は簡単ですが、失敗してしまうとすぐにタワーが倒されてしまうので気を付けましょう!

対抗キャラ

①びっくりクラーオ

サフェードの対抗キャラ筆頭は間違いなくびっくりクラーオですね。。ウィムジカルウォー恒例の調整でコストが3になり、より使いやすくなった感じがあります。サフェードを囲む感じで配置しましょう。

②アグレ

動きを止めてしまえば怖くないキャラではあるので、どうしようもない時はアグレを使うのがオススメです。タワー付近・できるだけ大勢の敵に掛けるようにしましょう。

 

・ピナ

個人的には使い方が難しいキャラであるピナ。攻撃回数さえ増やしてしまえば怖さはないので、簡単に倒せます。

対抗キャラ

①びっくりクラーオ

サフェードと同じようにびっくりクラーオで囲んでしまうのが、手っ取り早いです。タワー前までこらえるとジリ貧になってしまうので、真ん中過ぎたあたりで処理するのが一番だと思います。

②クラーオ

びっくりピッチョのような空中キャラを使ってしまうと、ターゲット取りができないので、コストも低いクラーオがおすすめ。

 

・ヒポタム

今回はいきなりタワー前に出現するので、上手に処理しないと、大ダメージを受けてしまうので要注意

対抗キャラ

①シバロウ

相手のツノマツが現れた時に、サブタワー前に配置すると、うまくヒポタムを無効化できます。

②エンス

ヒポタムは攻撃速度がそれほど早くないので、エンスでサポートしてやれば、被害最小限でやり過ごせます。。

 

・ツノマツ

通常のバトルで一番相手のデッキにいてほしくないキャラNo.1のツノマツ。気にしてもどうしようもないので、これと言った対処はありません(笑)

対抗キャラ

①シバロウ

ヒポタムと同じ対処で大丈夫だと思います、勝手に倒れてくれます。

 

このデッキ使ってます。。

おすすめキャラのところで話した通り、今回のイベントでのキーはクラーオをあふれさせることです。ということでとりあえずクラーオ軍団を作りました。そこに特効キャラ+おすすめキャラ+コスト低いキャラを盛り込みました。9.5分くらいは勝てるのでぜひ使ってみて下さい。

 

参考動画( `ー´)ノ

今回のタッグイベントに関しては、タッグを組む相手とタイミングが合わないと、サブタワーがすぐ倒されてしまうので、ギルメンとタッグを組むか、トレーナーで組んだ方が攻略しやすいと思います。

 

今回のイベントの内容

 

★★★☆☆☆☆☆☆☆

 

今回のタッグイベント勝利に関しては難しくはありませんが、イベントボーナスをすべて取るのは、慣れないと難しいのかなという感じです。。

 

まとめ

 

ウィムジカルウォー:タッグイベント攻略について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?久しぶりの投稿で読みにくい箇所があったかもしれませんが、精進していくので、是非また次回も読んでみて下さい。ウィムジカルウォーに関しては唯一忙しい時もついプレイしちゃってたアプリなので、これからも愛を持って続けていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です