【ニューヨーク観光】行かなくても良かったなぁと思ったところをいくつか挙げてみる。

 

今回は「ニューヨーク」観光について話していきたいと思います。

最初に言っておきますが、タイトルは盛っています。行かなくてよかった場所は全くありませんでした( ;∀;) しかし、見どころがたくさんあるのがニューヨークで、時間的・金銭的に余裕のないわたしみたいな若造も少なからずいて、全部回るのは難しい。

そのような方のために、より満足のいく「ニューヨーク」観光を!と思い、この記事を書こうと思った次第でございます。

前置きはこのくらいにして、早速紹介していきます。

 

タイムズスクエア

 

タイムズスクエアについて

 

タイムズスクエアには建物外壁へのビルボードの設置が多く、世界中の企業の広告や巨大ディスプレイ、ネオンサインや電光看板が多くあり、アメリカのみならず世界の繁華街の代表的風景ともいえる。世界中からの観光客が集まる場所でもあり、ここの交差点は世界の交差点と言われる。

 

タイムズスクエアに行かなくてもいいと思う理由

 

ニューヨーク観光と言えばタイムズスクエア!って言われるくらい代表的な場所ですよね。「行かなくてもいい」なんて何言ってるんだアンタは!って言われそうですが、個人的にはそんな持ち上げられるようなところかって思います。昼は観光客で凄い混んでいて無秩序ですし、夜はブロードウェイ観賞終わりの客がごった返していて、頻繁に銃声が聞こえ、メトロの乗り口に行くのも一苦労です。

1つ例を挙げると、よく頼りなさそうな顔をしていてキャッチに捕まるわたしは、ミュージシャンの方なんですかね?CDをいきなり渡されました。プレゼントとか言ってたから、まぁいっかと思って、気にせず歩いてたら、2、3歩歩いた後また声かけられて、「5ドルちょーだい」って言われたのでCD返そうとしたら、とやかく文句言われてキレられるという貴重体験をしました。

と言いつつも、写真は撮りたいし、一度見てみる価値はあると思うので、是非行ってください。ただ長居するような場所ではないと思うので、わざわざプランに組みこむ必要がある場所とは思えません。

 

タイムズスクエアに行くのをお勧めできない人

 

  • 人混みが苦手な方
  • ショッピング < 観光 の方
  • 流行にはさほど興味がない方
  • お土産なんて荷物になるから買わないよ!って方

 

 

タイムズスクエアに行くのをお勧めできる人

 

  • 満員電車でも全然苦にならないよって方
  • ショッピング > 観光 の方
  • 流行に敏感な方
  • 初めての場所へ旅行に行く度、スタバのタンブラー買っちゃうよって方

 

 

ブロードウェイ

 

ブロードウェイについて

 

ブロードウェイ (Broadway) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州を南北に走る目抜き通りである。中でも、ニューヨーク市マンハッタンを走る区間が特に有名である。

 

ブロードウェイに行かなくてもいいと思う理由

 

ミュージカルが好きな方は行ってください!

控えめに言ってめちゃくちゃいいです。本場と言われるだけあって、日本で観るのとは全く違った世界観があります。ほんとおとぎ話の中に訪れたような感覚があります。

ただ「せっかくニューヨークに来たから、ブロードウェイでミュージカル観るか!」のノリではおそらく時間が過ぎちゃうだけなんじゃないのかなと思います。割と上映時間も長いし、決まった時間に行われるので、前後のプランにも制約ができますし、価格的にも安くないです。そしてもちろん全編英語なので、全く知らないものだと理解するのも難しいです。ただ迫力はものすごいので、気になったらぜひ行ってみて下さい。

せっかく見るのなら、ここだけは価格が安い席 < 価格が高い席の方が絶対いいです。臨場感もまるで違いますし、値段が高い席の方が客層もよく静かに見れます。(映画館で誰かが話す小言が気になる方は特に!わたしは安い席を買って失敗しました( 一一) )

 

ブロードウェイに行くのをお勧めできない人

 

  • ミーハーな方
  • 洋画より邦画が好きな方
  • じっとしているより動き回っていたい方

 

 

ブロードウェイに行くのをお勧めできる人

 

  • ミュージカルを見るのが好きな方
  • 趣味:洋画を見ること な方
  • どうしてもミュージカルの本場で見たい方

 

ウォール街

 

ウォール街について

 

ウォール街は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタンの南端部(ロウアーマンハッタン)に位置する細いストリートの一つ。

現在では通りの周辺の区域も含めて、世界の金融センター「ウォール街」として定着している。ニューヨーク証券取引所をはじめ米国の金融史とゆかりのある地区である。米国の金融業界や証券市場を指す比喩としての用法もある。

 

ウォール街に行かなくてもいいと思う理由

 

経済学部生の面目を保つために訪れました。建物的にはかなり良かったのですが、良くも悪くも特別感があんまりなかったです。テキストに載ってるまんまだなって感じです。

確かに今思うと、金融が盛んであるところに観光要素を求めるのはなんか違っていたなという感じです。

観光客は割と多くてあふれかえってました。この一帯のおすすめの建物はトリニティ教会です。あのフォルムと厳かな感じは雰囲気抜群です。

 

ウォール街に行くのをお勧めできない人

 

  • 過去より未来が好きな方
  • ウォール街と聞いても、ピンとこない方
  • 順番とか待つのがあまり得意ではない方

 

 

ウォール街に行くのをお勧めできる人

 

  • 西洋の建物にロマンを感じる方
  • 建物を見ているだけで幸せを感じられる方
  • 映画「Wall Street」を観賞した方

 

国連本部

 

国連本部について

 

国際連合本部ビル(United Nations Headquarters)とは、国際連合の本部が入るビル群。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にある。
マンハッタンの東辺タートル・ベイに位置し、その敷地は西は1番街、東はイースト川、北は48丁目東、南は42丁目東に囲まれている。
主に、地上39階・地下3階建ての事務局ビルのほか、総会会議場、理事会会議場、図書館から成る。

 

国連本部に行かなくてもいいと思う理由

 

ここは行くんなら絶対建物内部を見学できるツアーに参加した方が良いです。

外観だけ写真を撮りたい!だけならあまり行く意味ないと思います。他の観光地から割と距離がある上、言うてしまえばただのビルです。あべのハルカスと何ら変わりありません。掲揚旗は確かに魅力的ですが、テレビで見たまんまです。

ただ見学ツアーはとても魅力的です。日本語ツアーもやってます。英語でのツアーはペラペラの方以外はあまりお勧めしません。

 

国連本部に行くのをお勧めできない人

 

  • 世界情勢にはあまり興味がない方
  • 基本的に歩くのは嫌いな方
  • 美術館は退屈だっていう方

 

 

国連本部に行くのをお勧めできる人

 

  • 普段から良くニュースを見ている方
  • 単独行動も余裕でできるよって方
  • 松岡修造さん並みにアツさには自信あるよって方

 

 


 

あとがき

いろいろ書いてきましたが、あくまでも時間的に余裕がなくて全部は回れないかもという方に向けて、計画的にここは少し削ってもいいんじゃないかなというところを個人的に挙げました。もちろん時間があれば全部行ってほしいです( `ー´)ノ

私自身ももっと時間があれば、これらの観光地のいいところが見えてきていたかもしれません。ニューヨーク観光にこれらの観光地は欠かせないという意見もものすごく理解できます。

兎にも角にもこんな大きな都市なのにこれだけ観光地がたくさんあるニューヨークは凄いです。ぜひ一度足を運んでみて下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です