【僕のヒーローアカデミア】25巻 死柄木弔:オリジンの感想・あらすじ・見所まとめ

 

今回は2019年12月4日に発売された僕のヒーローアカデミアの25巻について書いていきたいと思います。

 

 

ヒロアカ25巻のあらすじ

 

前巻に引き続き泥花市街戦再臨祭(ヴィランサイド)の続き

 

  • 死柄木(志村転弧)の回想

  • 死柄木 VS リ・デストロ

  • 小休止(クリスマス&正月)

  • エンデヴァー事務所でのインターン

 

まで描かれています!

 

 

 

ヒロアカ25巻の見所

 

 

死柄木弔の過去 236話

 

死柄木に個性が発言した経緯について書かれています。

正直全く理解はできませんでしたが、ここの描写は絵がとてもリアルで凄かったです。

言葉なしに自分の意志とは反して?家族がどんどん破壊されていく様子 ← 割とリアルに

父親に触れた後の転弧の半ページにわたる表情。ここで死柄木が生まれたんだなって気がします。

 

その他細部の絵にもこだわっている印象で、ヴィラン側のシーンだけどちゃんと掘り下げようとしているところが垣間見れました。

 

何度も言いますが全く理解はできません。

ヒーローに憧れていた少年の心が一瞬でこんなに変わるもんなのかなとか…

そこ(殺す)までの憎しみがあったのかは作中からはあんまり感じ取れませんでした…

 

でもヒーローと対極の存在であるという印象付けはこのシーンを経てより深くなった気がするので良きでした。あと単行本のカバーが最高でした。

 

 

死柄木弔 VS リ・デストロ終結! 238話

 

顔面を覆っていた手を自ら壊したのが印象的でした。

後は戦闘シーンが派手くらいですかね。僕のヒーローアカデミアの中でも死柄木の絵の出来はすごい良いと思います。存在感がはんぱない。

 

 

小臼歯(クリスマス&正月)242話

 

いや重苦しい展開が続いた後ですからね。なんかこうすっごい和みました。

クリスマスパーティーの絵はみんなの人柄が出てて見ていて楽しかったです。エリちゃんもすっごいかわいいですし…

後はインターン再開の話が出てきました。

 

  • ナイトアイ事務所もグラントリノも受け入れてもらえないデク
  • 前回のインターン先ベストジーニストが行方不明で『今更有象無象に学ぶきねぇわ』と高を切る爆豪

 

両者に朗報!轟からNo.1ヒーローのインターンへお誘いが…

そして正月は久しぶりのデクのお母さん登場。やっぱり安心します。

そしてエンデヴァー事務所へ…

 

 

エンデヴァー事務所でのインターン開始 243話

 

▶ ここでの見所はいきなりの敵登場

エンデヴァーが一瞬で倒しますがガラス操作をする老人の敵とどの取り巻きが登場。

老人をエンデヴァーが取り巻きを横取りするようにホークスが対処しました。

 

なんかホークスの顔に徐々に疲れみたいなものが見えてきている気がしてなりませんでした。

まだ動き回ってばかりなのででNo.2の強さを見せるバトルが欲しいですね~~

 

▶ ホークスから送られたSOS

俺は楽したいんですよ ヒーローが暇を持て余す世の中にしたいんです

ホークス

 

と言っていたホークスが明らかに変な様子でエンデヴァーと会話。

真剣に考えようとするエンデヴァーが正直ツボでした。そこまで手の込んだことしてないでしょって!!

兎にも角にも無事暗号が解けたエンデヴァー。ほー一安心。

決戦の四か月後に向けて新たな修行が始まると言いたところですかね…

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です