【インハンド 2話の感想】山ピーと濱田岳の最強コンビが復活。。「インハンド」がハートフルな件について。

 

今回は、ドラマ「インハンド」の2話の感想を書いていきたいと思います。

書こうと思い立ったわけは、泣かされるほど、胸を打たれたからです笑 見てない人に向けての良いドラマアピールと見た人が共感できるように、今回はインハンドの魅力を語っていきます。

 

それでは本題に移っていきたいと思います。。

 

ドラマ「インハンド」って??

 

まずは見ていない人に向けて、どういうドラマかを説明していきたいと思います。とは言っても素人が説明するより、公式の方が分かりやすいと思うので、こちらへ!👇

Sum Up

簡単にまとめると山ピー演じる天才寄生虫学者が次々と世に起こる不可解な感染症について、その知識をもって明らかに、そして解決していくストーリーです。

漫画原作なので、興味を持たれた方は、『インハンド 紐倉博士と真面目な右腕(講談社)』という題名なので、是非読んでみてください。

 

第2話からみる「インハンドの魅力」

 

ここからは、思いっきり個人の感想から語る魅力なので、是非温かい目でご覧ください!

筆者がインハンドについて魅力的だと感じる点は大きく2つあります。

  1. 難しい題材を扱っているはずなのに分かりやすい点
  2. 役者が適材適所である・山ピーと濱田岳のタッグがやっぱりいい点

 

この2点について深掘りしていきたいと思います。

 

まず「1.難しい題材を扱っているはずなのに分かりやすい」というところです。

インハンドは天才学者が主役というだけあって、「あれ今なんて言ったの?」って感じの専門用語があちらこちらに飛び交っています。一見、大衆向けではないのかもしれないという感じがしますが、このドラマ、凄い内容が入ってきやすいです。おそらくこの2019年春ドラマでトップクラスで!

そしてその理由はおそらく、脚本や映像にあるんじゃないかと個人的には思っています。

脚本 :

流れるようなストーリーである。インハンド2話を例に説明すると、、

Example. Story  2

1、ウイルスに感染する。

2、ウイルスが広まる。

3、ウイルスの原因を特定する。

4、紐倉博士(山ピー)が先だって、事態を収拾する。

1話も同じような感じで、深いストーリーではなく、単純なのですが、そのウイルスに関係する人々の感情や行動に長い時間焦点が当てられています。そのおかげで、難しい内容なのになぜか親近感が湧きますし、またこんな病気もあるんだと、とても勉強になります。

そして、この「1、ウイルスに感染する」から「2、ウイルスが広まる」って流れが追いやすいことも魅力だと感じています。例えばこの1から2に移行しますよって時に、ウイルスの対策室(サイエンスメディカル対策室)のシーンがありました。最初の方の対策室では、平和な風が流れているのですが、この移行シーンの対策室では、「なり続ける電話」「フラストレーションたっぷりの声」「モノを落として慌てる様子」などの表現があって、ウイルスによるパンデミックが存分に描かれえています。

そうやって要所要所で流れに基づくシーンが描かれていることは、普通な感じがしなくもないですが、とても重要なことだと思います。また、専門用語なんかはアニメーションを入れてみたり、実例をもってきたりと細かいところにも気を配っている映像だな感じました。

ちなみに最後は紐倉博士がビシッと占めてくれ、気持ちいい終わり方をしてくれます。。

以上、ドラマ:インハンドの脚本・映像について書いてきましたが、まとめると、、

Sum Up

難しい題材であるにも関わらず、ストーリーの流れが読みやすい脚本である。また、細かい部分にも気を使われている映像で分かりやすい話にしようってのが伝わってくる。

 

次に、「2、役者が適材適所である・山ピーと濱田岳のタッグがやっぱりいい」点について話して行きます。

この2点目はもうこのまんまです。

山ピーに関しては、適役だと思います。山ピーのウイスパーボイス+早口の学者という設定で「セリフが聞きづらい」ってところがマイナス部分ですが、クールに熱いことを、説得力がある感じで話すこの役に今のところは完全にハマっていると思います。

そして濱田岳。山ピーとの掛け合いは、個人的に最強なドラマだと思っている「プロポーズ大作戦」を思いでして、なんかにやけてしまいます。また今回の役としては、人間臭さが良い感じに出ていて、クールな紐倉博士と調和のとれた相棒って感じです。

そしてもう1人のメインキャストである菜々緒。官僚・エリートという役どころがとてもあっています。背筋や立ち姿がきれいで、役人って感じがしますし、また言動も妙に貫禄があっていいです。

 

そして、このインハンド2話では子役の込江大牙くんがいい味出してます。今回は極力ネタバレを控えようと思っているので、詳しくは書きませんが、彼の目線の落とし方や悲しい時の顔の動きなどがリアルで惹き込まれます。

 

 

さて長々と書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?個人的にはこのインハンド2話とても面白くて惹きこまれてしまいました!間違いなく良い仕上がりだと思います。たぶん1話よりこの2話の方がインハンドの魅力が伝わると思うので、2話からでも是非見てみて下さい。

2019/04/26までならTverで無料配信しているみたいなので、絶対見てくださいね(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です